ファクタリングと銀行融資は比較するまでもない?

subpage01

ファクタリングは資金調達に苦しんでいる企業にとってとても役立つサービスです。

その言葉を日本語で言うと「債権回収代行業」といった意味になります。
実際どういったことが行われるのかと言うと、企業に営業取引で発生した売掛金(未収入金)がある場合、それを現金化します。

とても迅速に処理が行われ、場合によっては、売掛金のほとんどを即日にも受け取ることが出来ます。


もちろんこのサービスを提供している会社にも体力というか資金力の大小があるので、あまりに高額になる売掛金の場合は、利用出来ないこともあるかもしれません。

さて、企業における資金調達で利用されるものに銀行の融資があります。

これと比較すると多くの差異があります。一番はスピードです。銀行の場合審査があるので、結果が出るまで1ヶ月程要することもあります。


それに対してファクタリングでは最短で即日です。
それに融資のように利息が付きません。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

これらだけを見ても、両者を比較するまでもなくファクタリングが便利であることは明らかでしょう。もちろん利用する際に手数料を取られます。



自社と取引先、ファクタリングの3社間での契約の場合と、取引先を除いた2社間での契約があり、それらを比較すると手数料は2社間での方が高くなります。
3社間で行う際は、取引先も知ることになるので、自社の経営状態を勘ぐられてしまうこともあるのですが、2社間では取引先は全く知る事が出来ません。ですが2社間の場合、ファクタリング会社にとってはお金の回収先が依頼してきた企業になるので、回収出来なくなるといったリスクが高くなります。



そのため手数料を高くしているのです。この手数料も各社で異なるので、利用する際はインターネット上で紹介されているウェブサイトなどで比較して選ぶといいでしょう。